瞳ぱっちり キュートアイ
にきびを治す、にきび跡を治す。(にきびケアと予防について)

手術やアイプチなどを使わずに、
簡単に二重まぶたを定着させる方法

◇ 二重まぶたの口コミ情報

二重まぶた口コミ

二重まぶたになりたいという方は多いです。

【二重まぶたになりたい】
一重と二重まぶたなんて大した違いはなさそうですが、最近は女性、
男性を問わず二重まぶたになりたいと望む方が多いようです。

そんな方々は、二重まぶたに関する口コミ情報を調べるといいですよ。
一重も二重まぶたもちょっとした違いですが、それだけで顔の表情ってがらりと変わりますよね。

日本では二重まぶたがいいというのが一般的な気がします。

一重であることがコンプレックスとなるならば、二重まぶたにするための口コミやアイテムなどを積極的に取り入れていくといいと思います。

一重まぶたと二重まぶたは遺伝します。

つまり普通は両親が一重の親からは一重まぶたの子供しか生まれないそうです。

【二重まぶたは遺伝】
一重まぶたと二重まぶたの両親なら50%程度の確率で二重まぶたの
赤ちゃんが生まれることになります。

二重同士の両親なら確実に二重まぶたの新生児が生まれてくるということになりますね。

遺伝的なことならば、受け止めてしまって二重にまぶたにする方法を
実践して行きましょう。

インターネットでは、口コミや掲示板などであらゆる情報が沢山みつかります。

自力で行なう方法から、整形までと幅広く詳細に載っていますので、
興味のある人はチェックしてみて下さい。

実際に体験した人の声が一番参考になりますから、沢山の情報を収集しましょう。

いざとなったら整形という手段がありますしね。

整形にも色々種類があるようですから、それも事前に調べておくといいとおもいますよ。

二重まぶた掲示板

二重まぶたにしたいと思っている人は多いようですね。

【掲示板の情報】
インターネットでは二重まぶたに関する掲示板などがあり、
多くの人の悩みや、情報などが公開されています。

まぶたに関することだけでなくどんな悩みでも、同じ思いの人たちと
意見を交換出来る場というのは、とてもありがたいですね。

何か情報を得たい場合は、掲示板を探してみるのもいいと思います。

二重まぶたにするためには、色々なアイテムが出ていますので、
そういったものを利用したり、整形してしまう人も多いでしょう。

昔と比べて、プチ整形と言われるぐらい気軽なものになっているので、重い悩みでは無くなっているのではないでしょうか?

【二重まぶたにする】
それに、掲示板の情報などを読んでみると、アイプチなどのアイテムで、そのまま二重まぶたになったという人も多いようなので、気軽に取り組めるきがしますね。

また、二重まぶたに関するコンテンツを沢山紹介しているサイトもあるので、そういったサイトで情報収集するのも良さそうです。

例えば、整形手術の方法では、埋没法二重治療(プチ整形)、
埋没法の注意点小切開法による二重整形手術、全切開法による
二重整形手術、術切開法の注意点など。

二重まぶたにするアイテム、アイプチ、アイトーク、アイテープ、
ソルシエ、ローヤルアイム、アイパッチリン、ナイトアイフォーム、
リラックスアイズなどの紹介などがされています。

興味のある人は、掲示板などから情報を収集していくといいでしょう。

二重まぶた体操

【体操で二重まぶた】
体操で二重まぶたに出来るそうですよ。

プチ整形しか方法は無いと思っていたので、驚きです。

でも出来れば、手術などはしたくないですから、二重まぶたにしたいと望んでいる人は、その体操を取り入れてみてはいかがでしょう。

努力次第で変わるなら、チャレンジする価値があると思います。

ちなみにその方法ですが、上目づかいにして、少し寄り目になるように目を大きく見開きます。

そのまま、まばたきをたくさん繰り返します。

そして、目を目尻の方に動かし、またまばたきをします。

これを継続していくことで、うっすらと二重のラインが出来てくるそうです。

これなら誰でも出来そうですよね。

【自力で二重まぶた】
そもそも二重まぶたの形成の仕組みというのはどうなっているかというと、上眼瞼挙筋の正常な働きにより、目を開くと上まぶたが折り畳まれた状態になることで形成されているそうです。

一重まぶたは、上眼瞼挙筋が弱い為、上まぶたが上がりきらず、
瞳がまぶたで隠れてしまっているわけですね。

二重まぶた体操というのは、上眼瞼挙筋の働きを強めるという効果が
期待出来るのでしょう。

まずは自力で二重まぶたに挑戦してみるといいですね。

それで、もし変わらなかったら、二重にするアイテム、アイプチなどを取り入れたりするといいのではないでしょうか。

最終的には、二重の手術がありますから、まずは自然に頑張ってみることをおすすめします。

でも、整形してしまう人も多いでしょうね。それはそれでいいことだと思います。

二重まぶたの口コミ

二重まぶたの口コミを見てみましょう。

二重まぶたにしたい!という人は沢山います。
第一印象でキツイ人だと見られてしまったり、恋愛でもなんだか一重であるがために損をしてしまっている・・・と感じている人も多いようです。

一重の人や、奥二重の人が二重にするとき、最近は、埋没法で二重にしたり、切開法で二重にするなど、美容整形外科でプチ整形を受けているという人も多いようですが、それでもやはりリスクを伴う事で心配があったり不安があったり・・・なかなか整形手術に踏み切れない人も沢山います。

自力で二重にする方法は、まぶたのマッサージを行い、指で筋をつける方法や、アイプチやリセなど、二重にする専用化粧品を使って行う方法などがあります。

二重にするのに「アイプチ」は有名ですが、使い慣れるまでに少々練習が必要なこと、ノリでかぶれてしまうなどのトラブルを起こしてしまう人もいるようです。
「リセ」は、使い方がとても簡単で、寝る前にまぶたに塗るだけで5日間ほどで二重が完成するという物です。

口コミなどを見ていても、リセを使うと、殆どの人が二重になる事ができるそうです。
塗るだけでOKですから、試してみる価値アリですね。

手を綺麗に洗って、バイ菌などがつけないようにすること、無理やり頑張りすぎてお肌に傷をつけないこと、ノリでかぶれてしまった場合には、きちんと治ってから再び行うことなどが必要です。

保湿をしっかりしてから、アイプチなどを行うと、比較的トラブルを避けやすくなるようですが、お肌の体質は人それぞれですから、無理の無いように、負担の無いように頑張ってみてください。

二重まぶたになるトレーニング

二重まぶたになるトレーニング方法についてみていきましょう。

一重まぶたの人にとって、二重まぶたは魅力的です。
男の人からだけでなく、女性同士でも、第一印象が全然違ってくるのでは?
とおもってしまいますよね。
芸能人などテレビに出ている人も、ほとんどの人が二重です。
そのようなことから、二重まぶたになるためのトレーニング方法を行いたいという人も多いことでしょう。

二重まぶたにする方法としてま、埋没法や切開法などプチ整形という方法もありますが、出来れば恐怖もなく、お金もかけず、トレーニングで二重まぶたにしたいですよね。

二重まぶたにするトレーニングは、まず、眉間から目じりのほうに向かって、まぶたの脂肪を押し出すようにマッサージをします。
次に、目をカッと開けた状態をキープし、元に戻すと言う体操をします。
次に、まぶたを手で上部にひっぱった状態で、目を閉じる動きをする。

このトレーニングを、一日に何度か繰り返してみましょう。
毎日コツコツと続けることが大切ですよ。
そして、睡眠も大切です。
寝不足や疲労は、目がはれたり、顔がむくんでしまったりします。
睡眠を充分にとって、手を綺麗に洗ってトレーニングを頑張ってみてくださいね。

また、トレーニング中は、アイプチや、二重のシールなどで二重を作っていくと良いでしょう。
ですが、まぶたのお肌は弱く、かぶれてしまう人もいます。
かぶれてしまったときは、使用をお休みして、きちんと治ってから使う、
その際は、充分に化粧水などで保湿してから使うと良いそうです。