瞳ぱっちり キュートアイ
にきびを治す、にきび跡を治す。(にきびケアと予防について)

手術やアイプチなどを使わずに、
簡単に二重まぶたを定着させる方法

◇ プチ整形(埋没法・切開法)について

二重まぶたと形成



【プチ整形】
二重まぶたにするために形成外科の扉を叩く人も多いことでしょう。

二重まぶたは、自力で頑張る事も出来ますが、ノリやテープなどを
毎日使い続けることで色素沈着を起こしてしまったり、肌荒れの
原因となってしまう事もあります。

最近では、プチ整形の分野で、二重まぶたの埋没式が主流になっています。

このプチ整形を受ける事で、二重まぶたを手に入れることが
できると、毎朝のメイク時間もかなり短縮できますよね。

二重まぶたの形成で、埋没法を行っている美容形成外科などを探してみましょう。

クリニックによっては、現在主流と言われている埋没法を行っていないところもあります。

色々クリニックを回ってみたり、インターネットの口コミなどを
参考に、二重まぶたの形成クリニックを選びましょう。

【微調整が効く】
埋没法の良い所は、メスを使った手術ではないという事、手術後気に入らなかった場合元に戻す事ができること、手術後2ヶ月以内でしたら、二重まぶたを微調整できる事などがあります。

切開をしないで糸を皮膚に通すだけで二重まぶたを形成する事ができる埋没法はとても魅力的ですが、やはり、「手術」であることには変わりがありません。

いくら後から微調整が効くとあっても、一度で綺麗な二重まぶたを手に入れたいものです。

或いは、自分で、二重まぶた形成器などを使って二重まぶたにする事も可能ですが、コツが必要ですね。

二重まぶたに形成し、ぱっちり大きな目を手に入れることができたら人生観が変わるという人も沢山います。

自分が納得できる方法で、頑張ってみてくださいね。

二重まぶたの埋没法というのは



二重まぶたの埋没法は、プチ整形と呼ばれている、最も行われてい
二重まぶたの矯正手術のことです。

埋没法の方法は、医療用の細い糸で、まぶたの皮下を2・3箇所
留めて二重まぶたのラインを作る方法です。
糸を通すだけの方法ですが、プチ手術、プチ整形と呼ばれています。

このプチ整形、埋没法は、糸の通し方などの方法によって、
微調整できることがメリットで、万が一気に入らない場合であっても、
治す事ができます。
安全で時間もかからない埋没法は、二重まぶた手術の主流となっています。

くっきり二重を強調したい人は、埋没法でも糸を留める箇所を
増やす事で、さらにくっきりとした二重にする事ができますし、
二重のラインも好きな形に調節できます。

メスを使わない手術方法ですから、安全な手術法であるといえます。
しかし、二重まぶたの埋没法が万能であるとはいえません。

もともとのまぶたの形によって切開法が向いている場合もあります。
また、美容整形外科によっては、埋没法を行っていないクリニックも
ありますから、事前に確認が必要です。

埋没法を行っていないからといって、他の手術方法を勧められる
場合もあります。
そのような時には、他のクリニックをあたって見るという手もありますね。

いずれにしても、自分が埋没法で二重まぶたを作りたいと思っても、
それが可能であるかどうかは、執刀医のよる判断が強いですね。
充分にカウンセリングをうけ、納得の行く医師のもとで、納得のいく
二重まぶた方法を考えましょう。

二重まぶたのための手術



二重まぶたのための手術方法は色々あります。
例えば、埋没法、切開法、目頭切開法、目尻切開法などです。

最もよく行われている二重まぶたのための手術とは「埋没法」で、プチ整形といわれているものです。
埋没法は、メスを使わない手術用で、手軽に、そして安全に行われる二重まぶたの手術方法です。

埋没法は、切開しません。
糸を通すだけですから、医療費の負担も少なくてすみますし、手術時間も10分程度です。
抜糸の必要もありませんし、手術後の腫れも少なく、傷跡も残らないという点でメリットがあります。

また、行った埋没法が気に入らない場合は、修正することができるという点でもメリットがありますね。

また、切開法という手術法もよく行われます。
二重にしたいと思うヒダの部分に予定ラインを描き、メスで切開します。
余分な脂肪を除き縫い合わせるという方法で、かかる時間は30分くらいです。

手術は、局所麻酔を用い、腫れが2・3日続きます。
手術後は消毒を行い1週間くらいで抜糸をします。
まぶたが分厚く、二重のラインがつきにくい人にオススメの二重手術法です。

二重まぶたにするための手術法は、冒頭に述べたように色々あります。
ライフスタイルや必要性についてもう一度検討し、信頼できる医師のもとで、適切な手術法を行ってもらってくださいね。

充分なカウンセリングを行ってもらい、アフターケアについても確認しておきましょう。
事前に行う病院選びなどは、とても大切ですよ。

二重まぶを作る方法



二重まぶたを作る方法は色々あります。
例えば、有名なのが「アイプチ」。
アイプチを使って二重にしている人は多くいますが、このアイプチは
長年使用しているとまぶたの皮膚がカサカサになってしまったり、
毎日のことが面倒になったりしてしまう事もあります。

二重にするマッサージ方法などもありますが、やはり、なかなか難しいという人もいますよね。

リセは、二重まぶたを作る方法の中でも、確実性のたかいものであるとされています。
使い方も簡単なのですが、やはりまぶたのトラブルが起きてしまうこともあるようです。

アイプチでまぶたのトラブルが多い人や、長年努力しているのになかなか二重の癖がつかないという人にオススメなのは、やはり美容整形で二重を作る方法です。

ひと口に、美容整形といっても、二重を作る方法は色々あり、大掛かりな方法から、切開法埋没法など、最近は「プチ整形」というのが一般的です。

例えば、埋没法という方法で二重まぶたをつくるときには瞼の裏から糸を埋め込むようにして二重まぶたをつくります。
仕上がりが気に入らなかった場合でも修正することが可能ですし、プチ整形なので短時間で終わります。

勿論入院する必要もありませんし、何日も会社を休まなければならないという事もありません。

どうしても二重まぶたを作りたい!と思う人や、アイプチなどでトラブルが多い人は、プチ整形というのも一つの手段として考えてみてはいかがでしょうか?
その際の病院選びはしっかりと行ってくださいね。

埋没法(SMK、MS法)とは



二重まぶたの整形も、細かく部類してみれば、非常に多彩な整形方法があるという事が分かるはずです。
例えば、二重まぶたの整形でも、埋没法には、SMK法と呼ばれるものと、MS法と呼ばれるものがあり、これらはそれぞれ特性が異なっています。

どんなイメージの二重まぶたにしたいか、また、肌の質によって方法も変わってきます。
二重まぶたの整形でも、SMK法は、埋没法の中でも最も一般的で、一旦二重まぶたにできたとしても元のまぶたに戻りやすい人によく使われる方法で、しっかりと二重まぶたをそのまま固定してしまう事ができるのです。

そして、もう一つの二重まぶたの整形方法、MS法では、脂肪を摘出する事によって二重に改善するというものです。
これは糸を埋め込むことをせず、ただ脂肪を摘出するという手段ですので、より確実ですし、何よりダウンタイムも少なく、“元のまぶたの形に戻す”という意味合いの整形になってくれるでしょう。

腫れぼったい目、を治す目的で、二重まぶたの整形もこのMS法を実践する人が少なくありません。
どちらも手術料金は抑え目に設定されています。まずはお試しください。