瞳ぱっちり キュートアイ
にきびを治す、にきび跡を治す。(にきびケアと予防について)

手術やアイプチなどを使わずに、
簡単に二重まぶたを定着させる方法

◇ 二重まぶた形成器

簡単二重まぶた

今は、一重を二重まぶたにするのはとても簡単なようですよ。

【簡単な二重まぶた】
二重にするアイテムも沢山ありますし、手術も気軽に行なえるようになっていますしね。

やっぱり、綺麗なパッチリとした二重まぶたは、表情を明るくしますし魅力的なものですよね。

海外、アメリカやヨーロッパでは一重の女の子が魅力的に見えるそうですが、日本では、残念ながら一重まぶたの女の子は、ちょっと冷たいイメージや暗いイメージを与えてしまうのが一般的な気がします。

きれいな女優さんやタレントさん、カリスマモデルだって、やっぱり、綺麗なパッチリ二重まぶたの人が多いですから、その影響力は大きいですよね。

そんなあこがれの二重まぶたを簡単に作れるなら、ぜひ挑戦したいですね。

以前は、アイプチぐらいしかなかったアイテムも、今は沢山の商品が出ていますので、そういったものを取り入れて行くといいでしょう。

【簡単二重まぶたグッズ】
アイプチ、アイトーク、アイテープ、ソルシエ、ローヤルアイム、
アイパッチリン、ナイトアイフォーム、リラックスアイズなど
数多く販売されていますよ。

これらのグッズで二重まぶたになった人は多いようですから、
チャレンジしてみてください。

どれも使い方はとっても簡単だそうですよ。

駄目だったら、整形という手段がありますから、気軽な気持ちで取り組むといいと思いますね。

赤ちゃんの一重を気にしているママがいるみたいですが、
少し大きくなったらこれらのアイテムを利用してみたらいいと思いますよ。

二重まぶたクリップ

【二重まぶたクリップ】
二重まぶたになりたいと望む人は多いと思います。

二重まぶたにするための方法は沢山ありますね。

まぶたにのりをつけて二重にするアイプチは有名ですね。

二重まぶたクリップというのもあるのですがご存知ですか?

二重まぶたクリップはまぶた用のクリップで、手で押さえる代わりに
クリップで癖つけることによって、自力で二重まぶたのパッチリ目元にすることができるという商品です。

装着も5分位でいいそうなので、気軽に出来そうですね。

価格もリーズナブルなものが多いので、効果が出なくてもまあいいかなと思えます。

やっぱり、二重まぶたの方が、顔の印象は明るくなる場合が多いと思うので、一重の人は二重にしたいと望んでいる人が多いようですね。

【プチ整形】
まずは、二重まぶたクリップなどのアイテムを取り入れてみるといいと思います。

とくに、アイプチののりが合わない人には向いていそうですね。

今は、アイデア商品が沢山販売されていますから、一つ駄目でも他の商品で効果が期待出来ることがあると思いますので、焦らずじっくりと行なっていくといいですね。

最終的には、プチ整形がありますからね。

二重まぶたにすることで、気持ちが明るくなるのなら危険な方法で無ければ積極的に取り入れる方がいいと思います。

興味のある人は、二重まぶたクリップを取り入れてみて下さい。

ネットショップなどで安く販売されています。

ちなみに購入者レビューを見てみると、脂肪の厚いまぶたの人には向いていないかもという声が数件ありました。

二重まぶたにできるファイバー

【小学生でも】
二重まぶたは、一重まぶたの人にとってみたら憧れの目ですよね。

最近の女の子はオシャレで、とっても外見をとても気にします。

小学生でも、二重まぶた形成器などを使って、一重まぶたを
一生懸命二重にしている子供がいるそうです。

と言っても、私の小学生の頃は、セロテープで二重を作っている子もいましたよ。

現在、最も多くの人に使われている二重まぶたにするアイテムは、
アイプチだそうです。

このアイプチと同時に使いたいのが、ストレッチファイバーです。

ファイバーは色々なメーカーから販売されているようですが、
ストレッチファイバーをまぶたにはるだけで綺麗な二重のラインが
出来上がります。

ですが、二重まぶたのために貼るストレッチファイバーは極細です。

ファイバーをまぶたの大きさに合わせて切ることや、まぶたに貼り付けた後、余分な部分をカットする必要があり、やはり難しいですね。

ですが、上手くファイバーを貼ることが出来たら、あとはプッシャーで整えるだけですから簡単です。

【マッサージ】
アイプチも良いですが、アイプチばっかり使っていると、お肌が荒れたりしませんか?

極細のストレッチファイバーを使う日なども入れてみると、お肌への負担が軽くなります。

また、二重まぶたにするためには、マッサージもオススメですよ。

まぶたをマッサージすることで、むくみが取れ、自然に二重まぶたになる人もいます。

ダイエットをして痩せると、二重になる人もいますよね。

まぶたのむくみや、脂肪が一重まぶたの原因になっている事もあります。

綺麗なくっきり二重まぶたを手に入れることができる様、頑張ってくださいね。

二重まぶたにはテープが一番?

一重の人や奥二重の人にとって、綺麗なぱっちり二重は憧れですよね。
その憧れのぱっちり、くっきり二重まぶたを作るにはテープが一番良いのでしょうか?

【リキッドアイテープ】
二重まぶたを作るテープの一つに、「アドローゼリキッドアイテープ」というのがあります。
これは、リキッドテープ方式の二重まぶた専用の化粧品で、
液をまぶたに塗って乾かしながら重ねぬリをし、テープ上の被膜を作って、二重まぶたを長時間優れた定着力でキープするものです。

接着しませんから、ツレや、シワ、タルミの心配もない優れもので、
シソエキスやハトムギエキスなどが配合され、デリケートなまぶたの
皮膚も安心です。

また、多くの人が二重まぶたを作るのに使っているアイプチにも、
二重のリを使う方法と、二重テープを使うやり方があります。

のりとテープのどちらが良いか?というのは、個人それぞれのお肌の体質などによります。

【肌荒れ】
のりやテープを使って二重を作る方法は、長期間つづけているとまぶたが肌荒れを起こしてしまったり、色素沈着がおきてしまったりします。

今話題となり、注目を浴びているプチ整形、埋没法も、簡単で安全な
二重まぶた整形手術とは言っても、やはり、リスクを伴います。

ですから、二重まぶたにはテープが良い、ノリが良いなどとは安易に言えませんし、埋没法などのプチ整形が良いとは言い切ることができません。

ご自分の肌に合うものを探し出し、上手に取り入れて綺麗な二重まぶたをつくってみてください。

二重まぶたにするグッズ

二重まぶたにするグッズを使って、自力で二重になりましょう!

最近は、二重まぶたにする方法として美容整形外科分野も発展し、
埋没法というメスを使わない二重まぶた整形術が行われています。
メスを使わないで二重まぶたを作る方法である埋没法は、
二重整形手術の主流ともなっている手術法で、時間も短時間で
済む事から話題となり、注目を集めています。

ですが、やはり、人の手が目を触るというのは怖いですし、お金も
かかります。
出来ることなら自力で二重まぶたグッズを使って二重になりたい!
と言う人もいます。

自力で綺麗な二重を作っている人は沢山いますよ。
アイプチやリセなど、二重まぶたにするグッズを使って皆さん
奮闘していらっしゃいます。
二重まぶたにするグッズは、インターネットの通販サイトで
購入する事ができます。

リセも通販サイトでは手に入りにくいとは言うものの、よく探すと通販しているサイトがあるそうです。
アイホーンなどの二重まぶた形成器などのグッズも販売されていますから、自分にあったものを選んで使ってみましょう。

【皮膚のトラブル】
ただ、アイプチやリセなど、のりづけするタイプのものは特に、
まぶたの皮膚が荒れてしまうなどのトラブルが多く報告されています。
お肌の弱い人にはオススメできないものですね。
そういった場合は、やはり、二重まぶたの整形手術を検討してみてはいかがでしょうか?

二重まぶたのグッズを使っても、まぶたが分厚くて、効果が
出ない人にも、整形手術はオススメです。
埋没法など、プチ整形と呼ばれる簡単な二重まぶた整形手術ですから、安心して受ける事ができますし、万が一気に入らない場合には治す事ができます。